読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書の記録。

読んだ本の備忘録など。

名もなき毒/宮部みゆき

名もなき毒 (文春文庫)

杉村三郎シリーズ第二弾。

連続無差別毒殺事件と杉村さんのアシスタント、原田いずみのトラブル。

この2つがどう関わっていくのか、

ドキドキしながら読みました。

 

人が住まう限り、そこには毒が入り込む。

なぜなら、我々人間が毒なのだから。

名もなき毒って何だろう。

人間の悪意?人間そのもの?

でもやっぱり、毒を清めるのも、

人間にしかできない。

 

探偵=この世の解毒剤?的な伏線らしきものを

残しながら、

ペテロの葬列、希望荘、へと

話は続く、のだ。