読書の記録。

読んだ本の備忘録など。

希望荘/宮部みゆき

4つの短編集。 前作で離婚しちゃった杉村さんのその後。 細々と、でも本当に、私立探偵になっちゃったのだ。 聖域、希望荘、砂男、二重身の4つ。 人間の機微が丁寧に書かれています。 面白かった。

ペテロの葬列/宮部みゆき

ドラマは見ておりませんが。 読みました。 杉村三郎シリーズ第3弾。 今回は、バスジャック事件。 事件そのものは短時間で解決するんだけどその根っこは深くて、 悪徳商法にまでつながっていっちゃうんだけど。 こんな結末、思いもよらず。 杉村家が離婚しち…

名もなき毒/宮部みゆき

杉村三郎シリーズ第二弾。 連続無差別毒殺事件と杉村さんのアシスタント、原田いずみのトラブル。 この2つがどう関わっていくのか、 ドキドキしながら読みました。 人が住まう限り、そこには毒が入り込む。 なぜなら、我々人間が毒なのだから。 名もなき毒…

世界一清潔な空港の清掃人/新津春子

新津春子さんは、羽田空港ターミナルの清掃人。 中国残留孤児二世で、苦労も多かったと 思うけど、そんなことを感じさせない、明るくて 意志の強い人。 目標をもって、日々努力し、どんな仕事でも心を込めることが プロフェッショナル、という新津さんの姿勢…

コロボックル絵物語/有川浩

昔夢中で読んだ懐かしい表紙。 佐藤さとるさんの『だれも知らない小さな国』をもとに、 有川浩さんが新しくコロボックルのお話を書きました。 新しく、といってもこの本はほとんどが 『だれも知らない小さな国』からの引用で。 なんだかものすごく懐かしくな…

人生を変える勇気/岸見一郎

読みました。 自分のことが好きですか? こう聞かれて、好きです。と即答できる人は少ないんじゃないか と思うけど、 自分を好きになれない人は、実は自分を好きになってはいけない人、 なんだそうです。 アドラー哲学、かなり辛口です。 人生相談のようなQa…

フランス人は10着しか服を持たない2

フランス人は10着しか服を持たない、に引き続き読みました。 シックというのは、その人の生き方や在り方。 結局、すべては心持ちしだい。 私も、今あるものを大切に、毎日をシックに暮らしたい。 心がけ次第でそうできるのだ、と気づかされました。 実行し…

フランス人は10着しか服を持たない

この本を読んで行動をどう変えるか、(決意) なるべく、きちんとした食事をする。(間食しないで) 家事を面倒がらない。 いらない服を捨てて、本当に気に入った服だけを 大事に着る。 日常の暮らしに喜びを見出す。 ・・・できるかなあ・・・

誰か/宮部みゆき

『希望荘』を読みたくて、杉村三郎シリーズを再読。 昔読んだ本、意外と忘れているものだ。 そして、意外と覚えているものだ。 杉村さんは、今多コンツェルンの菜穂子さんと結婚した お婿さん。(婿入りしたわけじゃないけど) 義父今多氏の運転手だった梶田…

フリーター、家を買う。/有川浩

はてなぶろぐ始めてみたものの、使い方がよくわからないなあ と思いつつ更新。 読みました。 フリーターがどうやって家を買うんだろう、 フリーターに買えるんなら私にも買えるかしら と思いながら読んでいったら違ってた。 フリーターが家を買うんじゃなく…

ランキング参加してみました。

もしよければぽちっとしてね。 <a target="_blank" href="//book.blogmura.com/bookdairy/ranking.html"><img src="//book.blogmura.com/bookdairy/img/bookdairy88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="" /></a><br /><a target="_blank" href="//book.blogmura.com/bookdairy/ranking.html">にほんブログ村</a>

朝が来る/辻村深月

最初のブログ記事は何にしようかなと考えて、 最近一番好きだった、『朝が来る』を。 ドラマ化もされましたが、やっぱり私は活字で読むほうが好き。 不妊治療を経て養子を迎えた夫婦、思いがけず妊娠してしまった女子中学生、 両方の人生が重くて悲しくて、 …

はじめまして

はてなぶろぐ始めました。 読んだ本のことなど書いていきたいと思っています。 よろしくお願いします。